2015/11/04

里の修行③

先月行ってたお役所も、んー・・・ビックリでした。

そもそも肝心の仕事を教えない職場ってどうなの?
っていうか~ それが体質であり伝統文化?みたいなんですね。
代々続く悪習。

新人さん(年齢役職問わず、その部署に新しく来た人)に対して、
きちんと仕事を教えること(研修というか教育というか)を
しないというのが。そこの慣習でありやり方???らしい(謎)。

見て覚えてください・・・だったんですよ。

ナンノコッチャ。

たぶん、大手企業にあるように、
入所(一般では入社)したときに、
一般的な研修はある・・・と思われるんですけど・・・
(身近な公務員て伯母とか甥と嫁とか教職しかいないので判らん)

途中でその部署に移動になった人、あるいはバイトや派遣に
その部署の仕事の流れ、その人が受け持つ仕事内容を
イチから覚えさせるためのちゃんとした教育体制、
研修カリキュラム(マニュアルやプログラム)がないのね。
少なくとも私が今回行った某区役所では。


マニュアルとかトークスプリプトとかフローチャートとか、
そういうの別にちゃんと無くてもいいけど、
ここでの接遇の方法とかロールプレイングまではやんなくてもいいけど、

せめて、この職場で派遣の私が何の仕事をするのか、
その業務内容について、きちんと「説明」してよー

・・・でした。

いやさ、教えてくれる人がいないわけではないのですが、
それはあくまで「質問に答えてくれる」だけであって、
きちんと筋道立てて、業務内容の流れ、
事務手続きについてのハウツーがナッシング。
仕事内容は、ぶっちゃけ年金の窓口だったんですけど、
最初聞いた話では、受付? 窓口に座ってて、
お客さんの話を聞いて社員に取次ぎをする・・・みたいな、
誰でもできる仕事で、一週間もいれば慣れるって話だったんですけど。

ヲイ

まったく話が違うじゃねーかっ!<営業


でしたねー

まあ、派遣では最初聞いてた話と実際は違うってのは、
ありがちで、なかばお約束なので、そこは今更ってことで、
驚いては派遣なんてやってられませんが・・・。

とどのつまりが、
メインが加入手続きと申請手続き事務
おまけにあれやこれやでその他モロモロだったんですね。

で、制度そのものについてはイヤというほど
資料をくれるけど、肝心の申請手続きのことは教えてくれない。

・・・で、どうやって仕事をしろと??

見て覚えろと言われても・・・職人じゃねーすから、ヲイ。

分からないことは聞けと言われても、
自分が何が分からないのかも分からないよ。

しかも、住民検索するアプリはイマドキDOSだよ、DOS。
コマンド入力なんて、win95が出てから彼岸の彼方に忘れたよ。

とにもかくにもフリーズ。

てかー この内容、窓口でなくて、専門的な事務。
その事務処理方法、教えてもらえない状態でやれと?

短期という期限付きの派遣がやる仕事じゃないわー

基本的なこと覚えるだけで一ヶ月はかかる仕事ではないでーすか!
半年やって一人前・・・みたいな?
(てか、教え方の問題でして。
きちんと丁寧に順序立てて教えてくれれば、
教え方の上手い人が教育してくれれば、もっと短期で習得できる内容)


カスタマー的に制度についてのあれやこれやだけだったら、
何とか覚えられるかもかも、でしたけれど。
それに伴う事務手続き、その他モロモロ
ケースバイ対応のバリエーションの多いこと、多いこと。

頭いたっ!!

ありえないつか、どーすんだ、コレ! 

アンビリーバブル!

システムやハードのカスタマーサポートの比じゃないぞ!

しかも未経験の人間、
ただでさえ記憶力や理解力が下り坂まっしぐらの、
エルダー以上シニア層にまかせる仕事内容ではないだろがっっ!

マッジ~!

・・・でしたよ。


しかも、姑(お局様)、小姑みたいなイジワルが2人もいるのか。

教わってもいない仕事内容なので、当然間違える。
すると、ソレみたことかと食いついてきて、
重箱の隅つつきですか、ほおっ~

まあ、ほとんどの人はいい人だったし、親切な人もいたし、
フォローサポートしてくれる人ももちいたんですがね。
役所特有のゆるゆるぬるい雰囲気というやつで。

しかし、このイジワル2人(男女一人ずつ)がクセモノであった。

業務内容が自分で理解して対処できるものであったら、
そういうイジワルさんたちを交わしたり、
応戦する余裕はあったと思うんですけど、
何しろキャパオーバーの業務内容のこと。無理でした。

不思議と今回、私はこの人たちに腹を立てることはなくて、
確かにイジワルされたり言われて気分は悪いものの、
「うぜーな」みたいな程度で流せてはいたんですが。

もう覚えることてんこもりで頭ン中真っ白で、
一気にストレスかかって、慢性膵炎の痛みが仕事中ピキーン!

膵炎の痛みって、
寝てるときに襲ってくるときは、比喩的にいうと、
そのままベッドから
「イッテ~!」
と、成層圏の外側まで飛び出すような勢い。

このときは、お客さんと対峙しながら、
急に来たもんだから、
「いったぁあ~い!」
と、痛みの反動でそのまま地球をぐるりと一周してきそうな・・・

そんな感じなんです。あの痛み。

だもんで、これはダメだと思った。

身体は心よりも精神よりも正直だ。

そんで一ヶ月のトライアルで終了とさせて頂くことに。
(三ヶ月の予定ではあったが)

まあ、とりあえず途中でダメッぽと、営業にブーたれたものの、
自分が理解した分だけを何とかまとめて、
派遣用の業務マニュアルや全体のフローチャート作るまでは
なんとか頑張って、いる間に出来ることを全力尽くしたかな。
誰のためって、まあ後から入った人が自分のように困らないように、
そして何より自分の自己満足のためだけど。

うん。
一ヶ月だけだけど、精一杯明るく頑張って、
できないなりにやってたら、
最初冷たかった人が打ち解けてくれたりなんかしたり、
引き止めてもらったり、ラストディに餞別もらったりとか、
名残惜しんでもらったので、頑張った甲斐があったのであった。


イジワルな人に対しては、
こう言われたらこう、ああ言われたらこう言い換えそう、などと・・・
頭の中であーだこーだ脳内シュミレーションして対策練ってましたけど。

例えば、

「あらー 孫もいるような年になったのに、
 自分より若いお兄さんに怒鳴られるとは思わなかったわー」

とか

「○○さんて、訛り無いけど、京都のご出身ですかぁ?
 いやね、その言い方、京都のイケズっぽいから~
 もしかして、そうかと思ってぇ~  うふふ」

「○○さんて、もしも女性に生まれていたなら、
 絶対お嫁さんをイジメルお姑さんになりそうですねー?
 もしかして、今すでにそうなさってますか? ふふっ」

もしくは、シャキッとバージョンで、

「○○さん、公務員だからセーフなんでしょうけど、
 それって今ドキの民間だと、間違いなくセクハラです。
 外資系だったら、人事に呼び出されて、
 厳重注意の対象になることは間違いありませんね。
 まあ、この先公務員をクビになっても、
外資系企業に勤務する機会なんて、一生ないと思いますが」

「新入社員を一人雇用するのに対して、
 会社がいくら予算を投資しているのかご存知ですか?
 その者に支払う給料だけでなく、募集広告や研修教育費など、
 人材一人雇うのにも、
 会社は先行投資としてのマイナスを負っているんです。
 中小企業だとしたら100万ほど、大手企業だったら300万円ほど。
 新人研修の必要のない、中途採用であったとしても、
 経費はかかります。
 
 つまり人材をつぶすことは、
 会社の投資した予算を無為にするということです。
 パワハラやセクハラなどが問題視されるのは、
 公序良俗や秩序、風紀の問題だけではありません。
 会社に損失を与えるという、損害行為だから問題にされるのですよ。

 従って、あなたが今していることは、
 この組織に対して不利益を与える背信行為なんですよ。」

「○○さん、
 私はあくまで派遣社員という外部の組織の人間であり、
 この部署へは忙しい期間のヘルプとして、
 あなたたち社員の手伝いに来ているだけなんですよ。
 あなたの部下でも奴隷でも、まして女房でもないんですから、
 そういう物の言い方、やめてくださいませんか? 
 
 また私は外部組織の人間として、
 あなたの会社の人事、今回の場合は人事委員会に対して、
 パワハラなどの苦情を申し立てることが出来る
 立場にあるんですよ。 どうぞ覚えておいてくださいね」

「言葉ひとつで人を殺すことは簡単なんです。
 あなたがいった心無い言葉で、
 誰かが心を病んだり、自殺でもしたら、
 その時、一番辛い想いをするのは、
 誰でもないあなたなんですよ?」

「○○さんは、松下幸之助の『経営論』を読んだことはありますか?
 彼は、社員が財産であるということをよく知っている経営者でした。
 自分の会社で働く社員そして及びその家族は、会社にとって、
 何よりも大事なユーザー(顧客)であるから大切にしなければならないと、
 常日頃からその考えを実践している人でした。
 その考えはもちろん期間従業員も対象であったわけです。
社員とその家族、知人が会社に対して抱く印象が世間に広まり、
 企業イメージに繋がること、それが
 何十億もの広告費をかけて世間を操作するより重要であると、
 その効果を知っている人でした。

 私は一国民であり一区民です。
 今は区役所で働いているけれど、
 納税者の一人であることに変わりありません。
 つまり、自分の税金がどのように使われているのか、
 関心を持ち、区政に口を出す権利を持っている有権者だということです。
 ここで働きに来たアルバイトや派遣は、
 あなたたちを見て、公務員というものはこういう人たちであると、
 役所というのはこういうところであると、印象を持ち、判断します。
 
 この区役所で働いて、実状を覗かせていただいて、
 私たちの納める税金を給料としている公務員のあなたたちが、
 その給料に値する働きをしているのか否か、
 区長に対して文句を言える立場にあることを忘れないで下さいね」

 
とかとか・・・
結局忙しかったりなんだかんだだし、お客さんがいるところでは、
正面きって、そういう啖呵を切ることもできず。



何度も上記のようなセリフ考えて、
ファイティングシュミしてたのに、出番ナシのスカッナシでトホホ。

でもまー イジワル君には、
Wordが使えないのか、わざと手書きにしてるのか、
自分に仕事を取り次ぐときはこうしなさい、みたいな
クソ汚い字で書いた説明書き・・・を渡されていたので、
最後の日に、それを親切にワープロ清書して、
ギフトしてあげちゃったり。(但し、裏紙に印刷。
裏紙は公務員の免職や罰則になる理由の事例集とか
こういうのはパワハラになるとかそういうの)



まあ、今回のここもそうですが、
派遣社員だけに対してというわけでないにせよ、

自分たちの仕事が忙しくて、手が回らないから、
派遣とか臨時雇いのバイトを雇用しているのに、
その臨時雇いをイジメたり、仕事教えなくて、どうすんだ??
っていう社員がいたりします(たまにパートも)。

一体、自分たちの仕事を手伝ってもらいたいのか、
手伝ってもらいたくないのか?
(イジメの標的にして辞めさせたいのか、
仕事ができるようにならず足を引っ張る存在でいて欲しいのか)

どっちなのよ??

って感じ。

辞めて欲しければ、別に辞めてもいいんですけどね。
もっと、この猫の手を必要としてくれるとこはあるんで。

人手がなくて、自分たちの仕事が回らないから、
困っているから雇っているはずなのに、
自分の負担を軽くしたいから、雇ってるんじゃないの?
なのに何で、仕事教えないの?
出来るようにサポートしようとしないの?

ってねー そういうとこやりかしある。

大手だと派遣の受入体制がしっかりしているとこもあるけど。


何年か前に行った某クレジット会社では、
めちゃ分かりやすいイジワルをする社員さんがいて、
なんてかー
クレジット審査の架電の仕事だったんですけどっっ
お客様の都合で時間指定が入ったリストを、
勤務時間内に皆に配布することがあるんですけれど、
それをね、その人が席を外したときに配布して、
しかも、わざと見えないところに隠すんですよ。
開いたマニュアルの下とかに。

たまたま、私のときには、
マニュアルどかしたので、見つけられたんですけどね。
で、派遣同士の連携プレーと協力で何とかなった。

そんなことして時間通りに電話を架けられなかったら、
派遣というより、会社が迷惑するのに。
てか、とくに委託事業なんだから、ンなことすると、

会社が顧客から信用失う⇒顧客失う⇒業績傾く

すると、収益源に繋がるから還元率下がって、
社員の自分たちがリストラとか減給とかで困ることになるのにね。


アホだな~って思います。

このとき、
「イマドキ、こんな分かりやすいイケズをする人がいるんだ!」
って、目一杯笑ってしまいました。
おまけに、あんましイジワルになってないし。

楽しい~次はどんなイジワルをしてくれるんだろって、
ワクワクしちゃいましたよ。

そして、ちゃっかりアテクシ上長さんに、
「席にいないときに、架電リスト配布すると、
 リストが紛失する恐れがあるので、居るときにしてください」
って進言したので、このイケズは以降使えず。
(若い人たちや直接雇用のバイトさんは、
やっぱ言えないのでなすがまま子になっているようであった。
しかし私くらいのオバハンになると怖いもの知らずで
厚かましいのであるからにして言えちゃうのである。
なんてかー皆さん謙虚で腰低すぎ)

あと、このイジワルをしたおババ様は、
確かに話し方はキレイな人で、
お客様対応は確かに素晴らしかった。
そこは評価する。

しかし、SVさんはヒステリーで、
お客様との通話中に後ろから話し方について文句つけるので、

「テメーの声で、お客さんの声が聞こえねぇよ!
それとテメーの声、お客さんに丸聞こえだよっっっ!」

ってのがいた。

あんましプンスカなってしまったので、
(この頃の私はまだまだ流せなかった)

「○○さんて東北のどこのご出身でいらっしゃるの?
 いやさ、お客様とのやり取り聞いていると、
 あまりにも訛りがキツクていらっしゃるから、
 どこの方かと思って~」
(東北の方ごめんなさいっっ。決してバカにしているわけではないのデス)

とイヤミで応戦してしまった。


まあ、この職場のこの人のイジワルは可愛いものでしたが。


なんてかねー

中には派遣で主婦って人の中には、
ダンナさんや家族が、その企業の取引企業のおエライさん・・・
だったりとか、実は上司の身内だったり・・・とかもあるのにさ。
(実際そういう人もいた。別に内部偵察で潜りこんでたわけでないけど)
後、派遣だと、色んな業種渡り歩いているから、
たくさんの企業に知り合いいる人もいるわけです。
弁護士事務所とか、議員事務所にいた人とか・・・ね。


して、派遣やバイトと言え、
一歩離れれば民間人であり、お客様(消費者)の一人。
その企業でイジワルされたり、ブラックな内情を知れば、
スピーカーとしてアチコチでウワサ流す可能性大なのにん。
※派遣のネットワーク、舐めんなよっっ! 




てなわけで、
派遣の仕事をすると、ホントいろいろと鍛えられます。
でも、自分の成長?を確認できたりして、
少しずつ短気も直ってきて、多少寛容になった自分を発見できて、
それはそれで収穫もありーので、ちょっとだけ自分を褒めたり。

まだまだだなって、思うところもありますが。

ていうか、年齢的に派遣の仕事は段々厳しくなっているので、
いつまで出来るかなー

けれど、次はどんなトコなのか、楽しみでもあり、wktkでもある。


むふふふふ~

0 件のコメント:

コメントを投稿