2020/01/01

過去記事検索機能がないので記事リンク一覧

ここのblogは過去記事を検索するための検索窓がないんです。
PCだと左にテーマ(ラベルという名のカテゴリ)があるんですけど、
スマホは最新記事しか見れないんですよ。
でもって、PC表示にしてもテーマの分類が多いから、
捜しにくくてすみません。
なんだかんだ記事数も多いですので。

なので、スマホで閲覧している人用に、
とりあえず、おそらく見えてないであろう
左メニュー(とそのリンク)一覧にして貼っておきます。

注1)別ウィンドウで開くようにしています。
注2)ラベルの()内の数字は現時点での記事数です。
注3)内容が多岐にわたっているものはラベルが重複しています。


<ホームページ>
Medicine Wheel

Witch Doctor's Garden

別館ブログ「魂のカルテ」
雑談ブログ「SACRED JOURNEY」
Twitter

<執筆(提供)コンテンツ>
魔女アルマのルーンオラクル
魔女アルマのタロット占い
魔女アルマの魔女入門

<ラベル>
Case Study(Spiritual Karte)
Case Study番外編
アカシック&リーディング
カルマ&運命&ブループリント
スピリチュアル(誤解・問題点)
過去生&前世療法&ヒーリング 
差別&迫害&悪と罪
生と死&戦争と平和
土地とモノ&地球と環境&社会
夢&多次元&異次元体験 
霊的汚染&Psyqhical Assault等
霊的存在/Helper&Guide
霊的存在/Spirit&Elemental
霊的知識/Spiritualism&真理
ポジティブメッセージ
職業的ぼやき呟き 
恋愛&男と女のいる風景
Group-Lessons-Report 
Voice~推薦文と体験談
WorkShop体験談
お知らせ
仕事~アチューンメント
仕事~スクールについて
仕事~ポリシーとスタンス
仕事~対面&通信(遠隔)
私的MyDream&独り言 
私的キテレツ体験談 
私的里の修行&霊的修養の途 
旅行記

それとPC仕様だと、
上部にこういうテーマ・メニューもあるんですが、
スマホ版はどうなんでしょう?
一応リンクも貼ってきます。

Home
Profile
Mission&Work
意図と趣旨
Blogについて
News

ホント、カテゴリを細かく分けすぎているというか、
ラベル数が多くてすみません。
とりあえず★のついている記事は、
アーカイブブログとしてのアメブロにも転載しているので、
そちらのほうが見やすいかも知れません。
但し、原文はこちらなので、
向こうだと一部削除しているところもあります。

それとビッグローブのblogから引っ越しするとき、
エクスポート&インポート機能がなかったので、
いちいちコピペという原始的な方法を使って、
こちらに記事を移動したものですから、
貼り方がヘンになっているというか、
文章が重複して意味不明になっているところがあって、
気づいた時点で直したのですが、
未だ直っていない記事もあるようで、すみません。
もし発見したら教えてくださいっっっ

とりあえずスマホの人はこのページを
全記事を見る手がかりにしてください。

ひとまずの応急的対処ですがご勘弁を。

2019/06/15

真夏の夜の夢~夏至の瞑想会

そういえばこちらで告知するのを忘れていました


【真夏の夜の夢~夏至の瞑想会】

Summer Solstice Meditation
  2019/6/22(土)19時~21時

 参加費:2000円
 ※お茶・茶菓子込み

場所は当サロン(有楽町線江戸川橋駅徒歩2分)

★相変わらず思い立ったが吉日な告知ですが
今年の夏至が土曜日だったのでちょうどいいかもと
瞑想会開催を思い立ちました

瞑想初心者の人もお気軽にどうぞ
参加申し込みは前日まで


2019/06/04

他人のフリ見て我がフリ直す

時々ふとしたある瞬間に
まるでその当時のその空間に戻ってしまったかのように
過去の記憶がありありと脳裏に浮かぶことがあります
といっても過去生体験とかではなく
現世の、今の人生の何気ない1シーンです
それは数年前だったり10数年単位の前のことだったり

単純に言えば思い出したというだけなんですが

例えば子供の頃に見た鮮やかな海岸線
抜けるように青い空と
打ち寄せる波と白い砂のコントラスト
とても眩しい夏の日差し
いつどこで見た景色だったろう? 
どこの海だったっけ?(たぶん千葉ですが)…とか

以前一戸建てを借りれることになったときの
その素敵な家に棲めることになったワクワク感
あの頃はまだ若く希望に満ちていて
今がこうだなんて想像できなかったな…とか

風景だけでなく
その時に自分が考えていたことや
感じていた気持ちまでもが蘇ってくるのです


でもそうした楽しいこと
甘い痛みや淡い郷愁だけでなく
悲しみや辛かったことはもちろん
自分がどれほど青臭くて生意気な人間だったのか
情けないみっともない愚かな恥知らずであったのか
過去の自分のバカさ加減を客観的に見させられて
萎えてしまうというか穴があったら入りたくなり
消え入りたくなるような気持ちで
いっぱいにさせられることも日常多々あるのです

このblogでは
私の私的な体験談やどうでもいい戯言以外に

読む人に自分の身に置き換えて
あれやこれや人生や生き方について考えて頂くために
(輪廻転生やカルマのレッスン、エレメンタルのことなど)
見えない世界や霊的知識の解決も交えながら
仕事(セッション等)で知り得たことなどを
文章にまとめてあれこれ綴っているわけですが

良い言い方をすれば教訓話として
セッションを受けた人にも自分の問題を
改めて文章にされたものを読むことで
深い理解に繋がればとも
でも良くない言い方をすればお客さんや生徒さんや
周囲の人のことをネタにしてしまっていて
ともすればワルモノにして批判や批評するかのように
揶揄するように他人の秘密を晒しているとも
いえるかも知れません

書き方とか伝え方次第なのでしょうが
読む人に当人にも不愉快さを与えてしまうならば
それは私の不徳のいたすところであり
人間性の欠落以外のなにものでもありません
そういうのは文章力以前の問題で


そして何度もここでも書いているように
私自身は本当に普通の未熟な人間で
何か特別な才能があるとか資質に秀でているとか
そういうのもないですし(外見も人並み以下で)
人間力もありませんしストレス耐性も低いし
人生を達観出来るほどに精神的成熟度は達していないし
出来ないことだらけ欠点だらけのダメ人間です
霊性も大して高くないです

今でこそだいぶ
感情をコントロールできるようになりましたが
この状態に至るまでの私は目もあてられないほど
ヒステリーでキレやすく(まるで火病かって位に)
頑固で怠惰でルーズで口だけ達者の生意気で
こらえ性なく中二病+メンヘラちゃん+電波で
本当に何様ってくらいの傲慢な上から目線さんでした
(ものすごくめちゃくちゃな性格でいいとこなし)

昔の自分をなぐってやりたいと思うことは
一度や二度ではなく何度も思うことですが
そんな性分故に
本当にたくさんの人に迷惑をかけてしまいました

今もどうなんでしょう
人はなかなか変われないものですから
完全に変われたとは言い切れない部分もあります

ですから
このblogで書かせて頂いている
クライアントさんたちの問題は
実は私自身の問題だったりします

写し鏡とはよくも言ったもの

私はクライアントさんの問題を通して
私自身の問題に直面させられ対峙させられているのです
そしてクライアントさんの問題を見させられるたび
クライアントさんに対して何かアドバイスするとき
私にとっても耳の痛いことで
まるで自分のことを言われているようだ…と
「アイタタタタタタタ…」とよくなってしまいます

それはクライアントさんだけに限ったことではなく
プライベートにしても
私自身に痛い思いを与えてくれる人は
いやさそうした人たちを通して
私が与えられるその痛い思いというのは
私が過去に私に関わった誰かに
味合わせてしまった痛みであり
不快な体験で思いだったりするのです

だから私はこの仕事を通して
私自身の問題を知る機会をたくさん与えてもらっています

今の人生だけではなく過去生の私のしたことによって
誰かに与えた苦痛や悲しみ、不愉快な思いなど
様々な自分のパーソナリティ(性格)の歪みを気づかせられ
自分が過去に他人に対して何をしてきたか…
を見つめさせられてもいます

そうですね
子供を失くして狂人になっちゃったりとか
お役目放棄して自殺しちやったこととか
やっぱり現実逃避して自殺しちゃったりとか
陥れられたり殺されたことも数多いけど
それを恨みに思って引きずって性格めちゃくちゃ歪めたし
思い出せた過去生でもたくさん迷惑かけ通し


霊性が高いからとか霊能力があるからとか
他人より一段進んだ高いところにいるから
この仕事をしているわけでは決してないのです

むしろ人とはちょっと違ったこの個性や資質を用いて
私がクライアントさんのサポートをしているのは
私自身が傷つけてきた人たちへの
罪滅ぼしもあるのかも知れません
もちろん私の今生の親のカルマや先祖(士族)の
罪滅ぼしというお役目・負債も背負っているわけですが

まぁでも
私自身「変わる必要性」があり
「変わったこと」で日常や人生変わりましたし
生きやすくなったし色々な意味で楽にもなったし
「自分が変われば周囲も世界も
 人生も未来も変えられるんだよ」
っていうメッセージを込めて
かつての私自身のように
自分で蒔いた種に苦しめられている人を
少しでも助けてあげたいと力になってあげたいと
悩んだり苦しんだりした自分の経験を
他人の役に立てたいと思ってのこの仕事でもありますが

このblogで伝えたいことは
スピリチュアルなセッションの現場や知識から
学び得た教訓を多くの人にシェアすることで
それぞれの人に自分の人生や生き方や
周囲の人との関係性とかあやこれやを振り返ってもらって
自分の身に置き換えて考えたり思ったりしてもらいたいと
そして霊的知識を知る事で見えない世界と付き合い方も
知ってもらって「自分は何故生きているのか」
「どう生きればいいのか」などとかも含めて
色々なことに気づいてもらいたいなあと思いつつ
公開することが果たして良いことなのか否か
未だに良心の呵責もありつつ、公開させて頂いていますが

同時に私のようなダメダメな問題児でも
人は変わろうと思えば変われるし
自分が変わることで人生は変えられるよって
過去の生き方と決別して自分人の問題を直視して
向き合っていけるようになれば未来も好転しますよって
そんなこともお伝えしたいと思うわけです
私のどうでもいい人生の経験話が
他人の役に立つことがあるのならば…と


ちなみに
占星学上での私のホロスコープ(ネイタルチャート)では
ASC(アセンダント)に土星が乗っかっているのですが
(おまけに天王星と冥王星のコンジャクションが
それに対してオポジションという正反対の位置で
冷戦状態というか圧迫と攻撃をかけられている)
古典的な読みだと、「人生最初から積んでいる」
というか
「生まれる前から重荷背負って波乱万丈&前途多難」で
まるで地球背負っているアトラス状態なわけですけども

心理占星学とか最近の占星学の読みの方からだと
土星は運命の整体師さんなんで
この人生でのテーマは「人間性の徹底的鍛錬」
という暗示で「徹底的に今回は性格矯正やるど~!」
ってな感じになります
出る杭(欠点)をモグラたたきのように土星に叩かれまくり

まあ太陽も海王星も8ハウスで
ASCはボーダーな魚座で月もここですから
自分という器があやふやで不安定なので
しっかりと自分という器を作らんかい!なんですよね
自分の枠組みと芯を同時にしっかり作れと

何しろ自他ともに認める霊媒体質(憑依されまくり)で
ミディアム(ミーディアムではありませんっっ汗)ですから

だからこその過去の失敗でこの気質
この人生はつくづく
こんな自分には必要なものであったと痛感します

そういう意味で誰もが自分を育てるために生きている
成長しないことには痛みからも課題からも逃れられず
クリアしなければ終わらないダンジョンなのです

私はこの人生によって育ててもらっている最中です

そのためにたくさんの人に出会い
育ててもらいました
私がこんなで発展途上でしたから
せっかく出逢えたのに良い出逢いとはならず
お互いにイヤな思いをする結果になってしまったり
一方的に傷つけてしまったり失礼をしてしまったり
その関係を大事にしたり関係性を育むことが出来ずに
相手を消耗品のように扱うことになってしまったり
若さゆえの過ちと片付けるのは単なるイイワケで
決して若くはない最近のこともあるわけで

今の私だったらもっと違ったやり方があったろう
もっとうまく対処できたろう
別の言い方や接し方が出来たのではと思うことも

とにかく過去の自分のエゴイズムを思い出すとき
吐き気というか眩暈がするくらいに辟易しますが

過去にご縁があって出逢ったすべての人たちには
ただ感謝するばかりなのです
それがどのような出逢いで関係性であって
お互いにとってどんなに不愉快で悲しい別れ方
ご縁の切れ方をした方であったとしても
そのような出来事から私は多くのことを学ばせて頂きました
皆さんは私にたくさんのことを教えてくれた教師でした
そして私に様々な経験を与えてくれ
多くのものをプレゼントしてくれた人たちです
皆さんの存在、出逢いによって
私という人間は育ててもらいました

今の私があるのは皆さんのお陰です
本当に心から感謝していますし
当時の私達の関係がどうであったとしても
どのような問題があ互いにあったとしても
私のことを恨んでいたり嫌っていたり
私のことを思い出すだけで苦痛で
気分が悪くなる人もいるかも知れませんが

それでも私は皆さんの幸福を心から願っていますし
この人生で出逢ってくれたことやご縁があったことに
深く感謝しています
それぞれに意味のある出来事でした

頭ではもう許してはいても
心のわだかまりというのはなかなか溶けないものだから
今の人生では和解や再会はないでしょうが
いつかまた別の人生で出会ったときには
笑顔でお会いして良い関係を築きたいものです

そして今の人生でも
もしも私が貴方たちのお力になれることがあるのなら
出来るだけ私はサポートをして差し上げたいと思っています

でも私もまだまだ発展途上で
未だに克服できていない欠点もたくさんあります
忍耐もまだまだ足りません
やり方を間違えてしまうこともあるかも知れません
それだけご容赦くださいませね


………って

急に「どうしたんだ!」というような
お便り口調になってしまいましたが

何て言いましょうか
私がされたのではなく
してしまったた方の立場で
過去に色々とイヤな思いをさせてしまったり
迷惑をかけてしまったり
申し訳ないことをしてしまった人に対しては
その人に直接お詫びをしたいと思うのは
単なる自己満足ですから
ではどんなことが過去の償いになるのかというと
やはり私がまともな人間になることかと
きちんと過去の自分を反省して
同じ過ちを繰り返さず
人として成長してスジの通った生き方をすること
社会に貢献できる人になること
そして
今出来ることをきちんとして
問題や自分の弱さから逃げずに
自分に与えられた仕事に取り組んで
全力で自分の人生を生きること
目の前の人間関係を大切にしていくこと

だけかなって思います

今の私と友人知人でいてくれる人
繋がってくれている人たち
まだ見ぬご縁の方たち
これから出会うであろう人たち
こんな私を信頼してくれるクライアントさん
これから訪れてくれるクライアントさん
そういう人たちと真摯に向き合っていくこと
誠実にそしてそのご恩にや気持ちに報いれるように

とにかく自分自身を鍛錬して研磨して
心のケガレやエゴイズムを取り払って
人として正しい生き方が出来るように
日々修養していくしかないです

2019/05/31

料金のお話

先日お越し下さったお客様が
こちらのブログ(サイト)はもう数年前から知っていて
セッションに伺いたいとずっと思っていたのだけれど
経済的理由でなかなか来れなかった
とお話して下さいました

そう仰って頂けるのは嬉しくも有り
逆に申し訳なくもあり

料金体系については
以前にもやはりどこか過去記事に書いたと思うのですが

占い師として占いの館などに出ていたときは
20分2000〜3000円が代金の相場でしたし
今の様に自宅でのサロン形式にした時も
普通の派遣OLさんでも支払える金額にと
低価格で設定させて頂いていたのです

でもそうすると
自分の問題にきちんと向き合うというより
それではうちが提供しているサービスの主旨とは
ミスマッチングだしちょっと違うんじゃないか
という方の来訪が多くなり
お客様を選別する意味でも値上げさせて頂いたのです


理想としては
困っている人や行き詰っている人こそ
手を差し伸べたいし低料金に設定したい
とそんな風に考えていた時期もありましたが
私のセッションでお伝えしている過去生のこととかは
そんなに簡単で気軽に提供してよい情報でもない
というのもあるのです

ただしヒーリング(気功)だけとか話を聞くだけなら
また違うのかな
サロンとは別の場所で
ふつーの占いとかヒーリングだけをするなら
低価格な料金の設定は可能になります
(自宅だと短時間できっちりが難しいので)

まあ単なる占い師として働けそうな場所とか
ヒーリングだけができそうな場所があれば考えてみます
問題はそういった場所が見つかるかどうかですが

確かにたった20分の会話(やりとり)で
具体的にヒントを見つけて切り替えられる人もいるけど
何時間も話しこまないと・・・という人もいたりして
こちらが各自に合わせてというのは難しく
お客さん自身が今の自分にはどういったサービスが
必要であるのか、自分が必要としているのは何か
というのを考えた上で選んでもらうしかないのです

経済的にどん底だから助けて欲しいけど
血路を開く為に何とかしたいのに
病気で働けなくて治りたいけど原因不明で
借金を抱えててどうにかしたいけど

そんな理由でお金がないという人も多く

私自身も色々ありましたからわかるんですけど
でも高みに達していない私には
まだ他者に対してそのような
霊的なボランティアができるほどの
現実的にも精神的にも豊かさが足りてないので
今はまだできないなと感じています

そういう人には自力で努力する方法を
こうしたブログとかアルファーの魔女ブログの方とか
ネットで流す無償情報を提供させて頂くしかないです
今は

自分でセルフカウンセリング(セラピー)をしたり
セルフヒーリングやワークをしたり
悪い習慣を絶って運気を好転する方法とか
お金をかけずに自分でという方法を
こちらでも紹介できたらなと、はい
少しずつですが

2019/05/20

君子は和して同ぜず小人は同じて和せず


以前というより何度か書いたことがあると思うのですけど
私には同業の友達がほとんどいません
ほとんどというより皆無に等しいですね
程よい距離で長くおつ付き合いしているのは
アルファーのローズマリーさんくらいかな
(彼女はホント素敵な人でいつも助けて頂いてます)

この世界個性的で変わった人が多いので(私を含めて)
趣味や会話の面で共通項目のある人が少ない
といったほうが正しいかも知れません

というのも
私はいわゆるスピ話というのに興味がなく
プライベートは完全に俗物なんですね

私自身、十分に電波系なのですが
だからといってすべての電波さんと話が合うとは限らず

たぶん私は
スピリチュアルなことを教えてはいるけれど
ジャンル的傾向?としてはスピ系の人よりは
オカルト系とか魔術話とかそっちの方の人との方が
話が盛り上がったり合うことが多かった気がします

たぶん視点も異なっていて
ベースにある知識も違うからなのでしょう

お互いに視えているもの視ているものが違うから
会話が噛み合わず成り立たないのです
それだけのことです




以前こんなことがありました

とある、自宅の一室を解放して知人に貸し出し
ワークショップなどを開催している人がいたんですが
室内を思い切ってリフォームするとのこと
ですが、その部屋では今まで
たくさんの集まりがあったので良いエネルギーの和
とってもグッドなグループエレメンタルがあったんですね
全面改装するとなるとそれって壊れる可能性が高いから
こうしたことを説明した上で
「このGエレメンタルは4次元の別なとこ移しておいて
 リフォーム終わってから戻すといいよね」
という話をしたんです
同じ知識のバックボーンがある人たちだから
(私よりも長く学ばれてるし)
それで通じたと思い込んでた

(ちなみに
神社の本殿の改装とか移築とかでも
行われている昔ながらのスタンダードな方法です)

ところが彼らは
室内にある家具は買い替えずに(レンタルルームに)保管して
リフォームが終わってから戻すといいよ
という風に理解をしていたのでした

私の説明が悪すぎたとしかいいようがないのですが

「あれっ? どうしてそーなった??」

とちょっとした衝撃だったんです

同じ知識を同じ場所で学んで(私よりももっと古くから)
当たり前のようにエレメンタルの話をしていたから
エレメンタルのこと解っていると思ってたのに
エレメンタルの話が通じてない

なので同じ知識を持っていても理解度は異なるもので
相手も同じものが視えているとは限らず
同じ世界に捉えているとは限らないのだと
改めて痛感した出来事でして
言葉もですが伝え方って難しいなと


そうしたことも含めて
霊的な信念体系や価値観が異なる同業の人とは
捉えている世界や視ているものにギャップがあるので
話が噛み合わないってことも出てきちゃいます

他者や情報交換に否定的なつもりはないけど
互いを尊重し合える対等な関係を築くには
接点や共通点がないことには
始まらないなってのはありますよね

そういう意味では私は日常において外の世界に
スピリチュアルな情報を求めてはいないので
(無関心というか触手が伸びないというか)
スピ仲間を求めている人に対しては
私はちょっと違います、ごめんなさいという感じです

まぁリゾート感覚で瞑想村に行ったり
心身を鍛えるために滝に打たれに行ったり
神社やお寺にも行きますし
そういう場所で知り合った人と
その場限りのおしゃべりや
一期一会の出逢いを楽しんだりもしますけど
なんていうか積極的に「お仲間」を
求めているわけではないのです

もちろん意気投合して仲良くなれる人がいれば
それに越したことはありませんし
そうした出逢いを拒絶してはいません
なかなか出会えませんが


話は変わりますが
私は決して友人は多くないほうですけど
私の友人は私の仕事のことは知っているけど
私が仕事としている分野の助けを
必要とはしない人たちばかりって感じです
もちろん彼女たちにも悩みはあります
人生に問題がないわけではないのですが
友達に相談はしても
占いだとかスピリチュアルなことに頼るようなことは
考えない人たちですね
そうした話もほとんどしないし
私がすれば聞いてはくれるけど(愚痴とか)

みんなアクティブで外交的で
人間的に自立しているというのが共通点でしょうか
専業主婦も子無も子持も孫持ちも独身もバツイチも
うんと年下もうんと年上(70代80代)の友人もいますが
協調性があって社交的ではあっても
群れることなくおひとり様も平気な人たちばかり

だからこそ長く付き合えている
何かあったら助けてくれるけど
寄りかかりすぎず頼り過ぎず
互いの負担にならないちょうどいい距離で
悪く言えば甘えられない程よい距離感w

ホントにフツーの友達です
家族のこと人生のこと仕事のこと
将来の展望や不安、心配ごと
好きなことや興味のあること
昔話やどうでもいいことことから深い話まで
色々話はするけれど
たわいのないおしゃべりがとても楽しく
素のままの自分
タダのオバサンでいられる時間は
人としてとても大事だと思ったりします


クライアントさんや生徒さんとして
出逢った人と仲良くなって
仕事抜きで長いお付き合いになることも稀にあります
ですがそれは
きちんと「わきまえて」くれる人とだけの話です
今のところそれはほんの数人だけですね

仕事の依頼とプライベートを分けて
公私混同せずに関係性を築ける人との間だけ
それ以外の人とは距離は置かせて頂いています
(レイキのレッスンなどで地元を案内がてら
ランチをご一緒することはありますが)
皆さんで、という一対一にはならないときなら
ご飯に行ったりしますけども

お互いに気持ちよく健康的な関係でいるために
必要以上に距離を詰め過ぎないよう
親しくならないように気を付けてはいます


このような仕事をしていますが
私はプライベートでは漫画を読んだりゲームをやったり
一人でカラオケ行っちゃったり
カフェとかでまったりお茶したり
美味しいものを食べるのが好きで
ぼっーとだらだら過ごすのも大好きで
運動音痴ですが阪神タイガースファンで
モルツドリームマッチに毎年行くのが楽しみで
和楽器バンドのFC入ってて新年会が楽しみで

ネットサーフでまとめサイト読んだり
Youtubeでミュージックビデオ見たり
(ハードロックやプログレ、ブリティッシュロック好き)
鉄道系や飛行機系YouTuberの動画見たり
歴史系や史実系、しくじり企業やゆっくりボイス
ナショジオの番組や犯罪や事件記録
シリアルキラーものやプロファイリングものとか
んな動画や資料を読むのが大好きだったりして

そのように普段は
「スピリチュアル❓ なにそれ 美味しいの❓」

みたいな感じの
スピリチュアルとは全く縁のない趣味つーか
日常を送っている根っからの俗物でございます

2019/05/17

隣人の残留物

以前に書いた記事
「家族を守護する家のオーラ~空き家は魔の巣窟」
でもちらりと触れましたけど
家や建物、土地などには
そこに住んでいた人のエネルギーの残留物が
居残っていることがかなりのケースであります

長く住んでいれば住んでいるけど…でもあるし
住んでいた人が強烈な人であれば
(良い意味でも悪い意味でも)
短期間に滞在していただけでも居残るものはあるし
まして「事件」が起こったとなると
そうした残留思念も土地が出来事を記憶するかのごとく
いつまでもそこに存在することになります

賃貸でもそうですが家の持ち主として住んでいたり
先祖代々その土地に住んでいたなんてことなら
なおさら土地に居ついている残留物としての思念
すなわちエレメンタルの総量はハンパないです
それこそ汚部屋や汚屋敷の比ではなく…

事故物件でないからって安全というわけではないのです

ただ、良い土地、良い物件というのは
基本的に居心地が良いので人が動かず
家や土地自体も「住人」が気に入ったら
バックアップするかのごとく支えてくれますから
入れ替わりは自然と少なくなりますね

とはいうものの
土地も家も自然の摂理の中で
太陽の「光」と「氣」の循環による自浄作用で
遅かれ早かれクリーニングされてはいくのだけど
風水の観点から見て
よろしくない土地や物件というのは
得てして氣の循環悪くこの自浄作用が上手く働かない
いつまでたっても「ケガレ」が居残り
なかなか消えない「ケガレ」によって
新たな「ケガレ」を周囲から引き寄せて
貯めこんでしまうところでもあったりするので
キレイにするためには
人工的な働きかけが必要になってしまいます


さて前置きが長くなってしまいましたけど

先日のことですが、10年以上お付き合いがあり
スクールの元生徒さんでもあるクライアントさんが
体調を崩されてなかなか回復しないとのことだったので
遠隔ヒーリングをさせて頂いたんですね

ふつーのレイキのマグネティックヒーリングをしていて
さて部屋の掃除をするかーと…そうしたらば
ふと壁際から飛び出して乱入しようとしてきている
ある奇妙なモノがたくさんいることに気が付いたんですね

その姿カタチを見て

「ラ、ランゴリアーズ?」

と思ってしまいました

スティーブン・キングが好きな人なら
わかると思うんですけど
(TVドラマ化はされたけど映画化はされてなくて
日本でかなり以前にNHKで放映されたかな?)

うんとー こんな感じ


似てるってだけでまったく同じでないです
こんな風にとがった歯はなかったけど
唇が分厚くて、こんな風な口から
舌が蛇みたいにでろーんで飛び出してた
で、こんな感じに同じものがたくさーん

想像されると気持ち悪いでしょw

ええ、皆さん視えないだけで
人が作ったこういうもの
たくさんそこいらに存在していますよ

皆さん視えなくて幸いだと思います
それでもまだこれはマシなカタチな方かな
もっと気持ち悪いものたくさんあるから

ちなみにその方はこ洒落たテラスハウス風の家に
住んでらっしゃるのですが
このGWにお隣さんが転居したとのこと
はい、このランゴリアーズもどきのエレメンタルが
侵入しようとしている壁の方のお隣さん

壁一枚で繋がっていますから
たまに口論していたりなど
「もしかしてDV?」と思うようなことがあって
心配はしていたそうなんですね
(でも人付き合いを避ける感じの奥さんだったみたいで
そういう声掛けが出来る雰囲気ではなかったらしく)

どうもDVっていうよりは
モラハラ旦那さんだったみたいです
このランゴリアーズもどきを見る分には

エネルギーをくれていた主が
転居でいなくなってしまったから
エネルギーを求めて暴れていて
かつまた隣人宅に侵入しようとしていたみたいっっ汗

入ってこられたら困るしガードするしかないですが
こんなのが隣家にうじゃうじゃいて
壁一枚の距離で暴れまくっていたらば
直接に接していなくても悪い影響を受けそうです

そういえばGW明けて治っていたと思っていた
風邪がぶり返したのもドンピシャなタイミング


まあそうですね

言葉のエレメンタルは良いものは「言霊(言魂)といいますけど
良くないものはどれもこんな
ランゴリアーズみたいな口のお化けですね


人の悪口や噂話をしている人の周囲にも
こんなエレメンタルはたくさんたくさん大量にあります
そしてこういう形の生霊が相手の元に飛んでいきます

悪意があろうとなかろうと
他人に対して口うるさくあーだこーだ言う人
人を批判する人、言葉で口撃する人
こういうエレメンタルを毎日大量生産しています
しかもマジンガンのように連続発射で
その人の口から実際に出てくるんですよ
このランゴリアーズが

見てるだけで吐き気がしますけど



このストーンズのロゴみたいなモノもありますけど
(これはまあカワイイ?のかな?)

生霊として相手の元に飛んで行っても
最終的には必ず作った当人の元に帰ってくるから
このランゴリアーズに喰われてしまうのは
その人自身ですけどもね

その数が多ければ多いほど後始末が大変そうです


しかしモラハラな人のこういうエレメンタルに
毎日口撃されてたらば感覚が麻痺して
奴隷乙になってしまうのも解るような気がします
洗脳をする人というのはやっぱ皆
こういうエレメンタルを作って
対象者のオーラやチャクラに埋め込んで
エネルギーを奪っていくのだなあと
実際に大量に放棄された引っ越しゴミとしての
エレメンタルを視て、そう思ったのでした


遠隔だとちょっと弱いから
今度なんとかしに行きますけどね
それまでこのランゴリアーズに
侵入されないように頑張ってねっっ
(って今その体力がないっちゅーの)

2019/05/10

女の望みは神の望み

※タイトル→(諺)女性は一度思い込んだら
何が何でも自分の欲望を満たすものだの意

それが恋愛にせよ結婚にせよ
パートナーたる相手のことを
自分の望みを叶えてくれる
道具か何かと勘違いしている人がいます

ほとんどの人はそんな風に
自分が相手のことを
「自分の願いを叶えるための存在」
として捉えてしまっていることに
まったく気づいていません

「結婚して、二人で協力し合って
 一戸建てを持つのが夢だった」
「彼と結婚して、
 彼の子供を産み、家庭を作りたい」

そのような願いを持つことは悪いことではないし
誰しもが描く、ささやかな将来の夢だと思います

ですが、それはあくまで
「その人自身」の個人の夢です

肝心なのは相手も同じ夢を持っているか否か

お互いが目指して思い描いている
将来設計の方向性が同じなら良いのです
まったく同じではなくても
共通点や類似点が見いだせて
妥協してすり合わせていくことが可能なら
そして愛情が緩和剤となるならば
譲り合って何とかなるでしょうし
同じレールの上を旅することが出来るはずです

需要と供給のバランスが合っているかどうかですね
(互いが互いを利用し合っていたとしても
互いがそれを承知で利害が一致していれば
結果オーライでそれでよいのです)

ある人が個人として、叶えたい夢や
理想の未来像を持っているように
そして絶対に譲れない条件もあるように
他人もまた同じように、叶えたい夢や希望
理想の未来像を持っているものです
絶対に譲れない条件なども合わせて

だけどほとんどの人が
自分の条件を優先してもらうことを相手に望みます
何よりも先に自分が幸福になる条件を
相手に叶えてもらいたがるのです
その前には相手にとっての幸福や望みなど後回しです
といいますか
どうでもいい知ったこっちゃないみたいな人多すぎ


恋愛(交際)中はお互いを知る期間ですが
結婚は契約関係です
子供を産む産まない
産まれたら子育てをどうするか
産まれなかったらどうするか
お互いの親の介護問題
結婚してからの家計や親戚づきあい
住居問題から老後のことまで
あらゆる結婚後の生活プランについて
価値観などすり合わせて話し合ってからが理想です
でも肝心のそこはおざなりで
「とりあえず結婚する」
ということが第一の目標で目的となっていて
結婚後に「こんなはずではなかった」
と理想の結婚生活との相違に文句を言う人ばかり

まあ、100%合う人なんて
自分以外にはこの世に存在しませんので
誰かと関わっていくこと、家族になることは
妥協とすり合わせの連続ですけどね
決して容易な道のりではありません

ひと昔前の結婚は女性にとっては就職でしたけど
今の時代は自分で選んだ道
人生の選択肢のひとつです
パートナーもお仕着せではなく
自ら選ぶことが出来て拒否権もあるのです
誰かと一緒に生きることを選ぶのなら
自分一人だけの都合ばかり考えてはいられません
(一人ひとりせ選択肢が与えられた結果
結婚しない人だけでなく出来ない人も増大しましたが)

その辺りはちょっと置いておいて

結局のところ
惚れて「この人」と思った
大好きな相手と結婚したとしても
いやさまだ交際や片思い中の段階であっても
その人と結婚したいといいつつ
「相手の幸せ」よりみんな
「自分の幸せ」がプライオリティの一番にある

自分が思い描いている「理想の結婚」や「未来」が
相手にとっても「理想の結婚」や「未来」であるとは
必ずしも限らないのに
むしろ相手にとっては求めているものとは真逆のもので
その方とのご縁が一番の幸福であるとは解らないのに

相手を好きだ、誰よりも愛しているといいながら
「相手にとっての幸せ」とは何かを考える隙間はなく
「相手を幸せにしたい」という想いはなく
「自分が幸せになりたい」から「この人を望む」
という、相手が自分の理想を叶えるための存在として
見てしまっていることになかなか気づかない

ようするに相手を愛しているのではなく
自分だけを愛しているんですね
相手のことなんて愛していないんです

そして困ったことにほとんどの人が
それを愛と勘違いしていて
自分の望みを叶えるための存在として
相手をみなしていて
なおかつ相手を自分の考える幸福のために
利用しようとしていることに
気が付いていないのです
自分がエゴイズムの奴隷となっているということに…
だからよしんば目的が叶ったとしても
一時的な満足は得られても真の意味での幸福
相互理解に基づく愛情は得られないんです
エゴイズムで利用し合う関係はいずれ崩壊します
ですかいつかほころびが生じます
もしくは何か大きな試練や喪失を経験するでしょう
互いに対してカルマを背負うことにもなりますし


その人にとっての本当の欲しいもの
その人が求めている幸せを知ろうとはせず
その人が叶えたいと考えている夢や理想を
自分が叶えてあげたいと
相手の望む幸福を自分が与えたいとは思わず
そこは無視しちゃって
私は「この人がいい」ってなっちゃってるのは

実のところ
相手に愛されることで幸せになれるという幻想は
相手に愛されることで幸せになりたいという欲望


本当の愛は相手の幸せを考えることですから
そこに真実の愛情があるのであれば
相手を「幸せにしてあげたい」というのが
プライオリティーの一番に来るはずです

それは自己犠牲とはまた別だったりしますが
その辺りの区別も難しいとこですね

結婚はまあ、恋愛と違って
そこは家族になって「家庭」を持つという契約なので
愛情がなくとも互いの利害が一致すればそれはありで
大事なのは「株式会社家族」における
共同経営者としての方針の一致でしょう
経営方針や理念が一致しないのであれば
共同経営者になるのはそもそも無理があります
愛情だけでは共に「生きる」ことは出来ませんから

話し合っても
妥協点がどう考えても見いだせないのであれば
それはいずれ経営破綻につながるから
清算するしかない関係って感じでしょうね

でも、それぞれがパートナーに求めるものや
こうありたいと欲するライフスタイル
人生に望むことや理想の未来予想図が
一致していなかったり大きなズレがあるのに
自分の未来予想図や理想ばかりを相手に押し付けて
相手が求めている幸福をいっさい無視して
自分の望みを叶えてくれない同じ夢をみてくれないって
そういうのは、それは本当に単なるワガママで
自己愛を相手に投影しているだけで
相手の人間性とか尊厳とか人生とかをまるっと
踏みにじっている行為で自分以下の奴隷ですって
そんな扱いをしているのと同じだって
気づいて欲しいなって思います

本当に好きならば
相手のことを想う気持ちに嘘がないなら
「何が一番相手にとって幸福か」を考えられるはずだし
結婚相手に対しても(したい相手に対しても)
ちゃんと相手の気持ちを聞き、自分の気持ちも伝えつつ
相手の望みも尊重して探り合っていけるはずだから

いずれにしても恋愛も結婚も人間関係で
関係というのは築いていくしかないんですよ
話し合って気持ちを言葉にして伝える努力をして
想いや感謝を態度に表して 
相手の愛情を読み取ろうとしたり
自分の愛情も相手にわかるように示して
上手くいくためのやり方を試して試して
それで進んでいくしかないです

性的なセクシャリティで未来永劫続く関係なんて
ほとんど皆無なんだから
そして恋愛ホルモン?も2年しかもたないので
人として長く関わっていける相手かどうか
友達(親友)とも同士とも同居人としても
上手くやっていける相手かどうか
譲歩し合うべきところがたくさんあるんで

結ばれる縁がどうこうとか運命の相手とか
過去生からの知り合いとか過去がどうだったか何て
そんなんぶっちゃけ関係ないです

今の人生で出会って関わっている事実がすべてで 
今その人が表しているパーソナリティがすべてで
ここから始めるべき関係だからです

そして相手やその人との未来に強く執着する前に
きちんと自分の心に問うて考えて欲しいのです

「あなたは本当に相手のことを愛しているのですか?」

「自分が愛されたいがために相手を求めていませんか?」

「その人のとっての幸福を考えてあげてますか?」

「あなたは相手を自分の幸福のための贄に
 しようとはしていませんか?
 相手を利用しようとして相手の個人としての尊厳を
 無視したりとるにたらないものと軽視していませんか?」

「相手を愛していると口にするとき
 自分ではなく相手にとっての幸福は何かを想い
 相手を幸福にするために
 自分が出来ることを考えたことはありますか?」