2019/05/20

君子は和して同ぜず小人は同じて和せず


以前というより何度か書いたことがあると思うのですけど
私には同業の友達がほとんどいません
ほとんどというより皆無に等しいですね
程よい距離で長くおつ付き合いしているのは
アルファーのローズマリーさんくらいかな
(彼女はホント素敵な人でいつも助けて頂いてます)

この世界個性的で変わった人が多いので(私を含めて)
趣味や会話の面で共通項目のある人が少ない
といったほうが正しいかも知れません

というのも
私はいわゆるスピ話というのに興味がなく
プライベートは完全に俗物なんですね

私自身、十分に電波系なのですが
だからといってすべての電波さんと話が合うとは限らず

たぶん私は
スピリチュアルなことを教えてはいるけれど
ジャンル的傾向?としてはスピ系の人よりは
オカルト系とか魔術話とかそっちの方の人との方が
話が盛り上がったり合うことが多かった気がします

たぶん視点も異なっていて
ベースにある知識も違うからなのでしょう

お互いに視えているもの視ているものが違うから
会話が噛み合わず成り立たないのです
それだけのことです




以前こんなことがありました

とある、自宅の一室を解放して知人に貸し出し
ワークショップなどを開催している人がいたんですが
室内を思い切ってリフォームするとのこと
ですが、その部屋では今まで
たくさんの集まりがあったので良いエネルギーの和
とってもグッドなグループエレメンタルがあったんですね
全面改装するとなるとそれって壊れる可能性が高いから
こうしたことを説明した上で
「このGエレメンタルは4次元の別なとこ移しておいて
 リフォーム終わってから戻すといいよね」
という話をしたんです
同じ知識のバックボーンがある人たちだから
(私よりも長く学ばれてるし)
それで通じたと思い込んでた

(ちなみに
神社の本殿の改装とか移築とかでも
行われている昔ながらのスタンダードな方法です)

ところが彼らは
室内にある家具は買い替えずに(レンタルルームに)保管して
リフォームが終わってから戻すといいよ
という風に理解をしていたのでした

私の説明が悪すぎたとしかいいようがないのですが

「あれっ? どうしてそーなった??」

とちょっとした衝撃だったんです

同じ知識を同じ場所で学んで(私よりももっと古くから)
当たり前のようにエレメンタルの話をしていたから
エレメンタルのこと解っていると思ってたのに
エレメンタルの話が通じてない

なので同じ知識を持っていても理解度は異なるもので
相手も同じものが視えているとは限らず
同じ世界に捉えているとは限らないのだと
改めて痛感した出来事でして
言葉もですが伝え方って難しいなと


そうしたことも含めて
霊的な信念体系や価値観が異なる同業の人とは
捉えている世界や視ているものにギャップがあるので
話が噛み合わないってことも出てきちゃいます

他者や情報交換に否定的なつもりはないけど
互いを尊重し合える対等な関係を築くには
接点や共通点がないことには
始まらないなってのはありますよね

そういう意味では私は日常において外の世界に
スピリチュアルな情報を求めてはいないので
(無関心というか触手が伸びないというか)
スピ仲間を求めている人に対しては
私はちょっと違います、ごめんなさいという感じです

まぁリゾート感覚で瞑想村に行ったり
心身を鍛えるために滝に打たれに行ったり
神社やお寺にも行きますし
そういう場所で知り合った人と
その場限りのおしゃべりや
一期一会の出逢いを楽しんだりもしますけど
なんていうか積極的に「お仲間」を
求めているわけではないのです

もちろん意気投合して仲良くなれる人がいれば
それに越したことはありませんし
そうした出逢いを拒絶してはいません
なかなか出会えませんが


話は変わりますが
私は決して友人は多くないほうですけど
私の友人は私の仕事のことは知っているけど
私が仕事としている分野の助けを
必要とはしない人たちばかりって感じです
もちろん彼女たちにも悩みはあります
人生に問題がないわけではないのですが
友達に相談はしても
占いだとかスピリチュアルなことに頼るようなことは
考えない人たちですね
そうした話もほとんどしないし
私がすれば聞いてはくれるけど(愚痴とか)

みんなアクティブで外交的で
人間的に自立しているというのが共通点でしょうか
専業主婦も子無も子持も孫持ちも独身もバツイチも
うんと年下もうんと年上(70代80代)の友人もいますが
協調性があって社交的ではあっても
群れることなくおひとり様も平気な人たちばかり

だからこそ長く付き合えている
何かあったら助けてくれるけど
寄りかかりすぎず頼り過ぎず
互いの負担にならないちょうどいい距離で
悪く言えば甘えられない程よい距離感w

ホントにフツーの友達です
家族のこと人生のこと仕事のこと
将来の展望や不安、心配ごと
好きなことや興味のあること
昔話やどうでもいいことことから深い話まで
色々話はするけれど
たわいのないおしゃべりがとても楽しく
素のままの自分
タダのオバサンでいられる時間は
人としてとても大事だと思ったりします


クライアントさんや生徒さんとして
出逢った人と仲良くなって
仕事抜きで長いお付き合いになることも稀にあります
ですがそれは
きちんと「わきまえて」くれる人とだけの話です
今のところそれはほんの数人だけですね

仕事の依頼とプライベートを分けて
公私混同せずに関係性を築ける人との間だけ
それ以外の人とは距離は置かせて頂いています
(レイキのレッスンなどで地元を案内がてら
ランチをご一緒することはありますが)
皆さんで、という一対一にはならないときなら
ご飯に行ったりしますけども

お互いに気持ちよく健康的な関係でいるために
必要以上に距離を詰め過ぎないよう
親しくならないように気を付けてはいます


このような仕事をしていますが
私はプライベートでは漫画を読んだりゲームをやったり
一人でカラオケ行っちゃったり
カフェとかでまったりお茶したり
美味しいものを食べるのが好きで
ぼっーとだらだら過ごすのも大好きで
運動音痴ですが阪神タイガースファンで
モルツドリームマッチに毎年行くのが楽しみで
和楽器バンドのFC入ってて新年会が楽しみで

ネットサーフでまとめサイト読んだり
Youtubeでミュージックビデオ見たり
(ハードロックやプログレ、ブリティッシュロック好き)
鉄道系や飛行機系YouTuberの動画見たり
歴史系や史実系、しくじり企業やゆっくりボイス
ナショジオの番組や犯罪や事件記録
シリアルキラーものやプロファイリングものとか
んな動画や資料を読むのが大好きだったりして

そのように普段は
「スピリチュアル❓ なにそれ 美味しいの❓」

みたいな感じの
スピリチュアルとは全く縁のない趣味つーか
日常を送っている根っからの俗物でございます

0 件のコメント:

コメントを投稿